反社会的勢力対応方針

反社会的勢力への対応に関する基本方針

当事務所は、行動指針および法令等遵守に係る基本方針に則り、反社会的勢力との関係遮断および不当要求等に対する拒絶を行い、司法書士に対する公共の信頼を維持し、業務の適正性かつ健全性を確保することを目的とし、以下の「反社会的勢力への対応に関する基本方針」を定めています。

1.組織としての対応
 反社会的勢力への対応について、担当者や担当部署だけに任せず、代表者の下、組織として対応し、反社会的勢力による不当要求に対して、民事と刑事の両面からの法的対応を行います。

2.外部専門機関との連携
 反社会的勢力による不当要求に備えて、警察、暴力団追放運動推進センター等の外部専門機関と緊密な連携関係を構築します。

3.取引を含めた関係の遮断
 反社会的勢力とは、業務上の取引関係(提携先を通じた取引を含む。)を含めて、一切の関係を持ちません。また、反社会的勢力からの不当要求は断固として拒絶します。


PageTop